ハイローオーストラリアを国立大卒の元プログラマーが攻略しました。ツールは嫌いだが、ツールだと言われればその通り。ただただ簡単なお仕事でした。

ハイローオーストラリアの攻略は簡単【なんでみんな消耗してるの?】

攻略する為の時事ねた

円安とアジア

更新日:

昨年1 1 月からの急激な円安はこのところ足踏み状態であるものの、短期間に大きく円
安が進んだことには変わりない。史上最高値の後の急激な円安と言えば、95 年の79 円
台をつけたあとの局面がそうだ。
この時は日米の協調介入や海外瀦融資の促進策などがあり、円安が進み100円を超
えていった。だが日本の円安政策は、97 年のアジア遜貨危機の要因でもあった。アジア
諸国は円に対して競争力を失い、それが貿易収支の悪化に結びついたからだ。
では今回はどうだろう。円安の進行l主将来のアジアの危機を滋成させる要因になるのか。
確かにアジア諸国では韓国のように競争力に大きな影響を受けている国がある。ウォン
はこの半年で円に対して20%近く上昇した。輸出は先月、前年比1 割弱減少し、海外役
資家もウォン高で今年は株を売り越している。
だが違いもある。アジア通貨危機のときは多くの国で自国通貨をドルにリンクさせていた。
市場でのドル高基調が自国通貨高に結びついた。現在は変動相場動l を採用している国
が増え、通貨の変動は柔軟になった。
さらに短期の外貨借り入れで長期のプロジェクトをファイナンスするような期間と通貨の
ミスマッチの程度は当時ほど大きくない。資本市場の発達で自国通貨の長期資金を調達
できる国も漕えたからだ。
それに外貨準備は格段に増え、アジア諸国間で外貨を緊急時に融通するスワップ網も
整備されたので、危機への対応力lま当時と比較にならないほどに備わっている。
こうしたことを考えると、円安がアジア透貨危機に繁がるリスクは大きくない。ただ100
円を超えるような展開になれば、一部の国で競争力に大きな駿りが出ると同時にインフレ
率の程度によっては通貨安政策も採れないジレンマに陥る可能性がある。
その意味では100 円を超えるような展開になればアジアの一部の国の投資は控えるほ
うが賢明だ。

 

国立卒業生がハイローを攻略!!簡単すぎるお仕事。

ハイローオーストラリア | 稼げないなら

-攻略する為の時事ねた
-

Copyright© ハイローオーストラリアの攻略は簡単【なんでみんな消耗してるの?】 , 2017 AllRights Reserved.